第2回 幸音珈琲 富岡博明氏

珈琲には人と人とのコミュニケーションを円滑にする力がある

 

 今回のライフインタビューズは、自家焙煎の珈琲を提供している、埼玉県朝霞市の幸音珈琲(さちねコーヒー)のオーナー富岡博明さんに、お話を伺いました。

 

 Q:珈琲や豆の焙煎に興味を持ったきっかけは何ですか?

 

富岡:珈琲の焙煎に興味をもったのは、インターネットで珈琲とは全く関係ないことを検索していたときに、偶然にも家庭用の焙煎器を見つけてしまったんです。

「珈琲って自分で焙煎できるんだ」と驚きまして、面白そうなのでやってみたら病みつきになりました。

 

 

Q:自家焙煎の珈琲ショップを始めようとしたターニングポイントは何ですか?

 

富岡:「家庭や職場でもっとおいしい珈琲を飲めたらいいのになあ」という単純な想いです。

自分で焙煎を始めてからインスタントコーヒーや缶コーヒーが飲めなくなってしまって、焙煎したての珈琲がこんなにおいしいということをもっと多くの人に知ってほしいと思うようになりました。

コーヒーのおいしさを人に伝えるために焙煎を仕事にすることは、とてもやりがいのあることだと思いました。

 

 

Q:珈琲の魅力は何ですか?

 

富岡:珈琲を飲みながら楽しそうに会話する人たちを見ると、珈琲には人と人とのコミュニケーションを円滑にする力があるように思います。

またひとりで本を読みながら、音楽を聴きながら、物思いに耽りながら珈琲を飲んでいる時は、気持ちを和ませてくれるような気がします。

そういった日常生活の潤滑油的な役割を果たしてくれるところでしょうか。

 

 

Q:自家焙煎の珈琲ショップを開く前は、どのような仕事をしていたのですか?

 

富岡:会社員です。具体的にいうと、通信会社です。企業内または企業間の通信ネットワークを提案から構築まで行うSE(システムエンジニア)担当です。

 

 

Q:会社員から珈琲ショップを開く時に不安はありませんでしたか?

 

富岡:正直不安がないことはありませんでした。

ですけど、乗り越えられないほどの不安ではなかったですね。そのときはどういうわけか根拠のない自信がありまして、きっとなんとかなるだろうと思ってましたね。(笑)

 

 

Q:珈琲の焙煎や知識などは、どうやって学ばれたのですか?

 

富岡:ひとつは本やインターネットなど机上で得た知識。

もうひとつは実際に家庭用の焙煎器で、なんどもなんども焙煎を繰り返し得たこと。

そして実際業務用として使用する焙煎機の取り扱い講習会に参加して技術を身につけました。

さらに詳細なところは、お世話になっている珈琲焙煎業の先達の方に事細かく教えていただきました。

 

 

Q:豆を焙煎するときのこだわりはありますか?珈琲を淹れるときのこだわりはありますか?

 

富岡:それぞれの珈琲豆は産地の気象や地形、また珈琲豆の品種により個性を持っています。特徴のある酸味や苦味だったりとか、香りやコクに特徴があるとか。そういったものをできるだけ活かすよう心がけています。

 

 

 お客様と珈琲のことで共感できた時はすごく嬉しい

2

 

Q:美味しい珈琲を提供する為に日々大切にしている習慣はありますか?

 

富岡:珈琲はなんといっても香りが命です。香りが抜けてしまった珈琲ほど味気ないものはありません。香りが詰まった活きのいい珈琲を提供するために、できるだけ焙煎した珈琲豆の在庫を持たないようにしています。

そのために時々売れ切れが生じて、お客様にご迷惑をおかけすることがありますが、おいしい珈琲を提供するためには致し方ないところですね。

 

 

Q:自家焙煎珈琲ショップの醍醐味は何ですか?

 

富岡:お客様と直接接することができますので、そこで珈琲のことやそれ以外のことでも会話するのが楽しいですし、「珈琲おいしかったよ。」とか「やっと好みの珈琲に出会えました。」などお客様と珈琲のことで共感できた時はすごく嬉しいですね。

 

 

コーヒーの楽しみ方も様々。色々なコーヒーを飲んでほしい。

3

 

Q:最近では、世界の大手珈琲チェーン珈琲やコンビニでも珈琲を安く飲むことが出来ます。地域における珈琲ショップの役割は何だと思いますか?

 

富岡:安く飲めるということでいうと、一杯あたり50円程度でおいしい珈琲がおうちでも飲めるのですから、当店の珈琲はかなりコストパフォーマンスは高いと思いますよ。(笑)

また珈琲は嗜好品ですから、趣味性やこだわりをもつなど楽しみ方も様々です。そんなとき地域に珈琲の専門店があるということは、珈琲愛飲家の方々の心強い味方になれると考えています。

 

 

Q:珈琲の初心者が好みの珈琲を探すにはどうしたら良いですか?

 

富岡:いろいろ飲んでみるのが一番いいと思いますが、自家焙煎の珈琲店へ出向かれて、店の方に直接疑問点などを聞いてみるのがいいのではないでしょうか。

 

 

生きている限り焙煎を続けていきたい

4

 

Q:幸音流美味しい珈琲の淹れ方のアドバイスをお願いします。

 

富岡:まずは珈琲豆です。おいしい珈琲を淹れるためにはこれが絶対必要です。

おいしくない珈琲豆をどのように淹れようとおいしい珈琲はできないからです。

これで8割方おいしい珈琲を淹れる準備ができたと言ってもいいでしょう。

 

残り2割のうち1割はミルです。ミルの性能です。出来るだけ均等に珈琲豆を削れることと、微粉(珈琲が細かく砕けてしまったもの)がすくないこと。

 

残り1割はその他の要素です。

  • 抽出に使う器具

ペーパードリップ、フレンチプレエス、エスプレッソ、サイホンなど、どんな器具を使うか。ペーパードリップならば、どのメーカーを使うかなども細かい点ですが大切なことです。

  • 粉の量とお湯の量のバランス(好みの濃さにする)
  • お湯の温度(軽く沸騰いていること)

 

Q:今後の夢は何ですか?

 

富岡:珈琲の焙煎を一生の仕事にすることですね。生きている限り焙煎を続けていきたいです。

 

Q:本日はお忙しい中、貴重なお話を聞かせて頂き、ありがとうございました。幸音珈琲のますますのご発展を祈っています。

 

5

自家焙煎−幸音珈琲(さちねコーヒー)

店主:富岡博明

住所:〒351-0011 埼玉県朝霞市本町1-10-30

※東武東上線朝霞駅南口より徒歩8分。朝霞市役所そば。

電話:048-485-1783

WEB :http://www.sachinecoffee.com/

Facebook:https://www.facebook.com/sachinecoffee

 

広告